管理人強力推薦

今まで数多くのカードローン案件をご紹介してきた「お金借りる.com」管理人厳選の案件をご紹介しています。基本的にはやはり金利水準が一番のポイントになっています。もちろん、どこもインターネットから申し込め、非常に迅速に審査してくれます。

みずほ銀行カードローン

【最高スペック】
三菱東京UFJ銀行同様に、日本を代表する大銀行、みずほ銀行のカードローンです。審査によってエグゼクティブプランとコンフォートプランとに分けられます。金利水準はエグゼクティブプランで年3.0%〜7.0%、融資限度額も最大1,000万円、さらに審査も最短即日と、総合力では国内最高のスペックです。
※3.0%は住宅ローン利用の場合の引き下げ後金利です。



住信SBIネット銀行カードローン

【圧倒的な低金利で大人気!】
住信SBIネット銀行のカードローン『MR.カードローン』はとにかく低金利であることで大変人気になっています。知名度という点では従来の大銀行には一歩譲りますが、金利が低金利であることや融資の限度額も最高で1000万円と、銀行のカードローンの中では大変な高スペックであることは間違いありません。さらに、公式サイトでは借り換えとしての利用にも言及されており、すでに他社のカードローンを利用している人にとっての利便性は非常に高くなっています。借金のおまとめ、一本化などを検討されている方には特におすすめです。



じぶん銀行カードローン

【携帯からでも口座管理が容易にできて人気!】
じぶん銀行はネット専業銀行です。あまりネームバリューはないかもしれませんが、 この銀行は三菱東京UFJ銀行とauの親会社であるKDDIが出資して設立された、 インターネットネットユーザーの利便性に特化した銀行です。
銀行ですから総量規制も対象外ですし、金利水準も国内トップ水準です。バックボーンへの安心感や実際に使っている人の評判も良いことから、当サイトでも人気のカードローンになります。




オリックス銀行 カードローン

オリックス銀行のカードローンは金利が年3.0%〜17.8%、限度額最高が800万円と、こちらもカードローンの中でも最強クラスのスペックです。来店不要で申し込みが可能で貸し出し額も1000円単位、利用者の利便性がグンと高まる内容ですし、何といっても銀行のカードローンですから間違いなく人気となりそうです。

楽天銀行スーパーローン

【スペック、知名度、利便性で人気】
ネット専業銀行ならではの強みを生かした利便性の高さが楽天銀行スーパーローンの人気の秘密です。収入証明書の提出が原則不要だったり、楽天スーパーポイントがもらえたり、ネットだけでなく全国の提携ATMでの利用が可能だったりと使い勝手の良さが評価されています。また、公式サイトではおまとめ・借り換えとしての訴求もされており、そういった需要の取り込みにも前向きです。



モビット

金利水準が3.0%〜18.0%と、アコムやプロミスをしのぐ低金利であり、限度額も最高で800万円とカードローンとしては最高水準です。CM等での認知度も高く、根強い人気があります。

ジャックスローンカード「プレミアビアージュ」

年会費永年無料、プレミアビアージュはブラックの券面に、ご利用可能枠は500万円と用途も幅広く使用可能なローンカードとなっております。お申込はインターネットで24時間可能。







お金を借りる

お金に困ったときに、お金を調達する方法は二つだけです。
お金を稼ぐか、お金を借りる。
お金を調達する方法はこれだけです。
どちらを選択するのか、どちらが選択できるのかは、人それぞれですが、当サイトではお金を借りる方にお金を借りる方法/情報をご提供しています。

お金を借りるにあたり、まず考えるのはどこから借りるのか、ではないでしょうか。
お金を借りる方法はいろいろあります。

  • 親から借りる。
  • 知人、友人から借りる。
  • 銀行、郵便局などの金融機関から借りる。
  • 消費者金融で借りる(キャッシング)。

それぞれ長所、短所がありますが、ご自身の収入状況、性格、生活環境などを考慮の上、お金を借りる方法を選択していかれたらよいと思いますが、やはり、優先順位としては身内からまず借りていくというのが筋です。 なかなか言えないという事情もありますが、それでも他人から借りる前にまずは身内を当たるべきで、銀行や消費者金融から借りるのは最終的な選択肢であるべきかもしれません。

お金を借りたいが借りられないこともある

お金を借りたいと思っても、なかなか借りることができない、当然ですがそういう場合も発生してきます。基本的に、どこから借りるにしても、お金を借りるには個人の信用がモノを言います。お金を貸すのが商売の銀行や消費者金融(キャッシング)であればなおさらです。
一番良いのは日ごろから生活態度や金銭感覚に注意を払い、不測の事態となった場合には何とかお金を融通してもらえる信用を培っておくことですが、そこまででないにしても、せめて、お金を借りる際に、その後の自分の収入の中で、いかにしてやりくりをしていくのかをきちんと計画してから借りにいくようにしましょう。

Copyright © 2011 お金借りる.com All rights reserved
FX