TOPページへ

一押しは住信SBIネット銀行!借り換えにおすすめのカードローン一覧


『今の金利が高いから低いところに借り換えたい』
『複数ある借金を一本化して負担を軽くしたい』


そんな方向けに、借り換えや一本化におすすめのカードローンをご紹介します。カードローンの金利には幅があり、上限と下限があります。みなさん低い方の金利ばかりを気にしますが、実際に適用されるのは上限の金利、あるいはその付近の水準になることがほとんどです。よって借り換えをされる場合には上限金利が低いところを選択するのがまずは大事です。

また、借り換えに対して積極的ではないカードローンも一部にはあります。見分け方は簡単で、公式サイト上で借り換えを積極的に推奨している文言があるかどうかを確認してみてください。なお、このページではそういった案件を厳選してご紹介します。

住信SBIネット銀行カードローン

【借り換え用途OK】
住信SBIネット銀行のカードローンはとにかく低金利であることで大変人気になっています。知名度という点では従来の大銀行には一歩譲りますが、金利が低金利であることや融資の限度額も最高で1000万円と、銀行のカードローンの中では大変な高スペックであることは間違いありません。公式サイトで借り換えとしての利用にも言及していますので、借金のおまとめ、一本化などを検討されている方にはまずおすすめです。



みずほ銀行カードローン

【借り換え用途OK】
大手銀行のカードローンということで人気があります。金利水準もカードローンの中で低金利な部類に入りますし、借り換えやおまとめといった用途での利用も可能です。最短即日利用可能、限度額は最高で1000万円です。



楽天銀行スーパーローン

【スペック、知名度、利便性で人気】
ネット専業銀行ならではの強みを生かした利便性の高さが楽天銀行スーパーローンの人気の秘密です。収入証明書の提出が原則不要だったり、楽天スーパーポイントがもらえたり、ネットだけでなく全国の提携ATMでの利用が可能だったりと使い勝手の良さが評価されています。また、公式サイトではおまとめ・借り換えとしての訴求もされており、そういった需要の取り込みにも前向きです。



借り換えをするメリット

カードローンやキャッシングを利用している方のうち、一定割合の方は複数のカードローンを利用されています。不況の影響もあって2社以上から借入をしているという方は珍しくありません。
ただ、その内容については多いに見直す余地のあるケースがほとんどです。

例えば金利。
1社から借入する場合、多くのケースは100万円以下が限度額のいわゆる少額融資です。少額融資の場合、金利は高めに設定されます。
そして追加で2社目、3社目と増やしていくに従い、金利は高くなることはあっても低くなることはほとんどないのが実情です。
そのため、複数の金融機関から借入をしている方はどうしても金利が高くなっています。
もしこれらの借入を一本化できれば、金融機関側にとっては大口の融資となるので金利は低く設定してくれる可能性が高まります。もちろん利用する側にとっても金利分の負担が軽くなるメリットは非常に大きなものとなります。
さらに、複数の借入が一本化されるということは、返済日もまとめられるということです。これは案外見逃されがちですが、精神的に大きなメリットがあります。

Copyright © 2012 お金借りる.com All rights reserved
海外ドラマ